看護部

先輩看護師の声

新卒新人
(2020年度入職)

 私は2020年4月に入職し、消化器・内分泌内科病棟に配属となりました。
 入職後1ヶ月は、モデル人形等を使用しマニュアルに沿って基本的な看護技術を学びました。2ヶ月目は、例年実施されていたローテーション研修は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。それに代わり、配属部署の先輩方が今までの経験を活かして、自部署では経験できない看護技術や他病棟の特色・役割について指導してくださり、理解を深めることができました。そして3ヶ月目からは、配属部署で先輩の見守りのもと少人数からの受け持ちが開始となりました。当初は不安と焦りで業務をこなすことに精一杯でしたが、プリセプターをはじめとする先輩方が私の理解度に合わせて一つ一つの業務を丁寧に指導してくださることで、安心して看護を行うことができました。
 2年目になり、病棟の雰囲気や業務にも少しずつ慣れ、以前よりも自分自身でできることが増えました。そして、より患者さんのために役に立ちたいという思いが強くなり、それが看護師としてのモチベーションの維持につながっています。2年目以降も学ぶ姿勢を忘れず、指導して下さる先輩方のように、多くの知識と技術を持って患者さんに安心感を与えられる看護師になれるよう努めていきたいです。


プリセプター
(2020年度)

 私は、5年前に新卒新人として入職し希望する内科病棟に配属となりました。入職当時は、看護師としてだけでなく社会人としてもたくさんの不安を抱えていましたが、充実した研修制度とプリセプターをはじめとする先輩方から丁寧に指導していただいたことで、プリセプターとして新人指導の役割を任されるようになりました。
 初めての新人指導でどう関わればよいのか、しっかりと指導ができるのかとても不安でした。令和2年度はコロナ禍でもあり従来の研修内容が見直され、自部署での研修が中心となりました。そのため、指導者だけでなく皆で新人を育てるという意識が高まり、たくさんの人の協力を得ながら指導を行いました。また、コロナ禍という未曾有の事態に指導者だけでなく、新人も大きな不安に駆られていたと思います。仕事だけでなく外出自粛など生活面も辛い時期でした。そのため、自分が新人の頃を思い出して、新人の悩みを共有し振り返る機会を設けることで、先輩方のフォローのもと新人それぞれにアドバイスを行うことができました。指導するにあたって、看護技術や知識を再認識し、新人に分かりやすく説明するにはどう工夫すべきか検討するなど、この1年で多くのことを学び新人と共に自分自身も成長できました。今後も精一杯サポートしていきたいと思います。


診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ