臨床工学科

業務のご紹介

医療機器管理

病棟で使用される医療機器を中央管理しています。貸出元を一カ所にすることで、点検、整備の効率化を図り、病棟での使用状況の把握出来る体制をとっています。
使用中、常に安全な機器を提供出来るように心掛けています。


集中治療室

人工呼吸器、輸液ポンプ類の管理を行うほか、緊急血液浄化療法、補助循環の対応を行っています。


手術室


I)機器管理・運用
医療の進歩に伴い、現在多くの医療機器が手術室で使用されています。それらが安全に使用されるよう日常的な点検を実施しています。また、ロボット支援手術やハイブリッド手術室におけるステントグラフト内挿術においては使用時の立ち会いを行っています。

II)人工心肺業務(心臓血管外科)
身体全体へ血液を常に送り出すために拍動を続ける心臓を治療する際、その拍動や血液の流れが手術においては障壁となる事があります。その場合手術中、心臓の活動を一時的に停止する間の替わりとして人工的に心臓及び肺の機能を代行する機械が必要となります。これを人工心肺といいます。この機械の操作、管理を行うとともに、使用される物品の管理を行っています。
心臓の病気は緊急を要することが多く24時間365日対応しています。

III)自己血回収業務
手術中の出血を吸引装置により回収した血液を洗浄し患者体内へ返血できる状態にします。人工心肺を用いる症例の他、出血の多い症例で行っています。

腎センター

腎センターでは、慢性期維持透析や急性期腎不全・他院からの紹介透析・緊急透析・病棟往診透析等を年間延べ9,000件以上行っています。

現在の取り組み
①慢性期外来維持透析患者を対象としたOnlineHDFによる至適透析
②フットケアチームを主体としたSPP測定による重症下肢虚血の予防
③災害対策および被災時の受け入れ体制の構築
④CART(腹水濃縮濾過再循環療法)およびGCAP(顆粒球吸着療法)の実施

私たちはチームとして連携を図り、急性期病院の透析室として機能・評価できるように努力研鑽しています。


学術大会や学会への参加

臨床工学科では、小規模から大規模の学術大会や学会への参加および発表を行い、学術研鑽しています。

【過去3年間の発表演題】
学会・研修会名演題名
2019年 第42回
群馬県透析懇話会
オンラインHDFにおける評価方法について
2019年 第64回
日本透析医学会学術集会・総会
当院における潰瘍性大腸炎に対する
顆粒球吸着療法の治療成績
2020年 第43回
群馬県透析懇話会
当院における潰瘍性大腸炎に対する
顆粒球吸着療法の治療成績
2020年 第65回
日本透析医学会学術集会・総会
当院における臨床工学技士の
フットケアチームへの関わり
2021年 第44回
群馬県透析懇話会
フットケアチームにおける
臨床工学技士の関わり

診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ