病院案内

特定行為に係る看護師について

伊勢崎市民病院看護師特定行為研修

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、1人の高齢者を1.8人で支える社会構造になると予測されています。このような状況に対応できるよう、国は医師の包括的な手順書に基づき一定の診療補助が行える看護師を養成することを目的に、特定行為に係る看護師の研修制度を創設しました。
 特定行為は、診療の補助があって、看護師が行う医療行為のうち、手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力および判断力、高度かつ専門的な知識・技能が特に必要とされるものとして定められた38の行為です。38の特定行為は21の特定行為区分に整理されています。研修は、共通科目と特定行為ごとに学ぶ区分別科目に分かれています。研修を終えた看護師は手順書に基づき特定行為が行えます。
 当病院においても、令和3年4月から特定行為指定研修機関として3区分の研修を開始しました。今後も、医療の質の向上と、地域医療に貢献できる人材を育成してまいります。

伊勢崎市民病院看護師特定行為研修管理委員会委員長  大林 民幸


患者さん・ご家族の皆様へ

当病院は、厚生労働省「特定行為に係る看護師の研修制度」の指定研修機関・協力施設です。
また、特定行為研修を修了した看護師(特定看護師)が特定行為を実施しています。



当院について

災害医療
お知らせ
病院案内
運営情報

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ