医療安全管理室

業務のご紹介

構成

医療安全管理室長(医師)1名
医療安全情報係(看護師)1名
感染管理係(看護師)1名
褥瘡管理係(看護師)1名

主な業務内容

  • 医療安全(医療事故・感染・褥瘡)に関する対策を推進し、実施する。
  • 医療事故・院内感染事例の収集・調査・分析・評価および対策を構築する。
  • 医療安全(医療事故・感染・褥瘡)に関する職員教育
  • 相談窓口・・・相談支援センター

医療安全に関すること

1.インシデント・アクシデント事例の収集・調査・分析・評価・対策
報告された事例や情報について、事実関係を明らかにし当該部署やリスクマネージャー等と協働し、原因分析や対策立案を行っています。「安全管理ニュース」等を発行し周知しています。
2.医療安全カンファレンス
多職種で協議し、具体的対策を検討し評価しています。
3.医療安全巡視
定期的に院内を巡視し、5S活動(整理・整頓・清潔・清掃・習慣化)を推進しています。
4.職員への教育・研修会
年2回、全職員を対象に研修会を開催しています。また、リスクマネージャーの育成につとめています。

感染管理に関すること

 伊勢崎市民病院の医療関連感染予防およびコントロールは、感染対策指針に則り組織的に行われています。医師、看護師、薬剤師、検査技師など様々な職種で構成される「感染対策チーム(ICT)」が中心となり、耐性菌分離率、感染率、血液曝露事故発生率などのサーベイランスや病院内ラウンドによる医療関連感染に関する情報収集と分析、抗菌薬適正使用を含む感染症診療の援助、職員教育、マニュアルの整備・見直し、職業感染対策、環境調整等の活動をしています。

 医療安全管理室では、感染管理係がそれら活動のマネジメントを行い、安心安全な医療を目指しています。


褥瘡管理に関すること

院内褥瘡対策委員会・院内褥瘡対策小委員会と連携し、褥瘡の予防とともに早期改善・治癒を目指して活動を行っています。
 主な活動内容として、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士など、多職種と連携を図りながら、患者さん個々の状態に合わせたケアを検討し、提供しています。また、褥瘡に関する知識と技術の普及・定着を目指し、褥瘡委員会ニュースの発行やマニュアルの整備・見直しを行い、職員に対する研修会や講演会を開催しています。
 入院生活ではベッド上で過ごす時間がとても長くなります。寝心地の良い環境を提供できるように、マットレスやクッションなどの体圧分散用具の整備を行い、ポジショニングの提供に努めています。

診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ