中央検査科

業務のご紹介

血液検査

採血した血液はそのまま放置すると自然に固まります(凝固)が、抗凝固剤という薬を混ぜて固まらないようにします。
この血液を用いて血液中の白血球、赤血球、血小板の数や大きさを分析装置で測定し、顕微鏡を使い血球の形を観察し、白血病や貧血などの診断に役立てます。
出血した際に止血が正常に行われる為の成分の検査をします。これは、ワーファリン(抗凝固薬)などの投与量を決めたり、手術前後の身体の状態判断に用いられます。

  • 血液検査

    血液検査


生化学検査

採血された血液はまず遠心分離操作を行います。すると、下に赤血球などが含まれる赤い層(血餅)と上にやや黄色がかった透明の液体(血清)に分かれます。生化学検査は、コレステロールやブドウ糖、カルシウムなど、この血清の中に含まれているいろいろな成分がどれくらいあるかを分析します。分析には写真のような分析装置を使用します。この分析結果は病気の原因や状態の判断に用いられます。

 

  • 遠心後の血液

    遠心後の血液

  • 生化学分析装置

    生化学分析装置


輸血・免疫検査

輸血検査は、手術や貧血の患者さんに安全に輸血が行えるよう血液型や不規則抗体等の検査を厚労省の適正指針に則り、全自動輸血検査システムを用いて測定しています。
免疫検査は、癌関連マーカー(癌関連物質)やウイルス性肝炎(A型・B型・C型)・HIV、甲状腺ホルモン等の検査を免疫測定装置にて測定を行っています。

  • 輸血検査

    輸血検査

  • 免疫検査

    免疫検査


細菌検査

細菌検査室の主な仕事は、感染症の原因となる菌を尿、痰、便、血液、膿などから検出し菌名を決めることと、どの抗菌薬が効くかを検査する事です。
目的の菌は、病原性大腸菌O157、赤痢菌、結核菌やMRSA、セラチア菌など院内感染で問題になる菌です。
また、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス等の迅速抗原検査も実施し15分以内に報告しています。
血液培養を24時間モニターする装置、同定検査と薬剤感受性検査を同時に行う機器、喀痰などの検査材料から直接結核菌の遺伝子を検出するPCR法など最新自動機器を導入し、検査の精度の向上と迅速化が可能となりました。
院内感染対策ではICT(感染管理チーム)に参画し、薬剤耐性菌の監視や病院環境の微生物検査などを行っています。


生理検査

生理検査には、生体からの信号をいろいろな検査機器を用いて記録し、診断する方法と各臓器の形状・性状を画像として描出し、解析診断する方法があります。
なかには患者さんの協力、頑張りがなければ診断に充分な結果が得られないものもありますので、ご協力をお願いします。


循環器系検査
心電図、ホルター心電図、トレッドミル検査、他
脳・神経系検査
脳波検査、誘発筋電図、聴力検査、他
呼吸器系検査
肺機能検査
6分間歩行試験
呼吸NO検査
超音波検査
腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、他)
体表(乳腺、甲状腺、頸部、他)
心臓、血管、胎児
その他
ABI検査・サーモグラフィー・終夜睡眠ポリグラフィー、他

検査について、不安、疑問がありましたらお問い合わせ下さい。
連絡先0270-25-5022 (内線)2259 生理検査室
受付時間午前8:30~午後5:15まで

  • 肝臓及び胆のう

    肝臓及び胆のう

  • 肝臓のカラー表示

    肝臓のカラー表示


病理検査

患者さんの病変部を内視鏡検査等で採取した生検材料や、手術で摘出した臓器・腫瘍組織から顕微鏡で観察するための標本を作製しています。
作製された標本は病理医が診断します。細胞診検査では、喀痰や胸・腹水、婦人科領域からの材料をガラス板に塗り、染色して顕微鏡で判定を行っています。また、患者さんが病死した場合、ご家族の承諾のもと病理解剖が行われることがあります。その際の介助や、摘出した臓器から標本の作製も行っています。


一般検査

主に、尿検査を行っています。尿中の蛋白、糖、潜血等を試験紙で検査し、必要に応じて尿中の細胞も顕微鏡で見ています。
他に、ギョウ虫検査、妊娠反応、精液検査等を行っています。


診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ