産婦人科

診療案内

対象疾患

「産科」では、正常な妊娠、出産だけではなく、妊娠悪阻・流早産・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)・前置胎盤などの異常妊娠、合併症妊娠、骨盤位・弛緩出血などの異常分娩、産褥熱・乳腺炎などの産褥期異常も扱います。

「婦人科」では、無月経・月経周期異常・月経困難症などの月経異常、性感染症、子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣のう腫などの良性腫瘍、子宮頚がん・子宮体がん・卵巣がんなどの悪性腫瘍、更年期障害、などを扱います。


産科領域

一般妊婦健診とは別に、助産師による助産師外来、母乳外来も併設しています。一般妊婦健診では診察室が狭いため、患者さんのプライバシー保護の観点で家族の同席をお断りすることもあります。

里帰り分娩を希望される妊婦さんは、紹介元からの紹介状を持参して32週までに受診をしていただくようにお願いしています。また、当病院は「産科医療補償制度」に加入していますので、全ての妊婦さんに加入していただくこととなります。

分娩は、原則として自然分娩を基本としていますが、母体や胎児の適応による誘発分娩や、吸引分娩、鉗子分娩、緊急帝王切開術にも24時間対応しています。

 


さらに、希望の方には立会い分娩も行っています。分娩後は翌日より母児同室とし、母乳栄養を推奨しています。入院期間は、初産婦は産後6日間、経産婦は産後5日間としています。

異常妊娠、合併症妊娠も扱っており、小児科を始めとした関連各科との密な連携のもと、厳重に管理しています。場合によっては3次施設病院への母体搬送も適宜行っています。


双胎妊娠32週で管理入院とし、第1児が頭位であれば経膣分娩を勧めています。
骨盤位先進部が足でなく、未破水の場合は経膣分娩にも対応しており、メトロイリーゼ・陣痛促進剤を併用して計画分娩を行います。
既往帝王切開後妊娠胎位異常がない場合は経膣分娩にも対応していますが、陣痛促進剤の使用は控えており、陣痛促進剤の使用が必要になる場合は帝王切開を選択しています。
流産手術日帰り手術を原則としています。前日に外来で頚管拡張処置を施し、当日は朝、手術室で手術を行って午後に帰宅となります。
子宮外妊娠開腹手術だけではなく、メソトレキセート投与による保存的治療も行っています。

婦人科領域


子宮がん検診

子宮頚がん・子宮体がんの細胞診を一緒に行い、また、超音波検査も同時に施行することにより、卵巣疾患の早期発見にも努めております。二次検診として、コルポスコピー、組織診を行っています


子宮頚がんの予防接種

金曜日の午後に予約制で行います。


子宮頚がん

子宮頚部高度異形成・子宮頚部上皮内がんは、子宮頚部円錐切除術を行います。

下平式高周波手術器を用い、朝、手術をして午後に帰宅する日帰り手術ですが、脊椎麻酔による入院手術も行っています。浸潤がんに対しては、手術療法以外に放射線療法や化学療法を行っています。


子宮体がん

手術療法が原則ですが、症例に応じて放射線療法やホルモン療法・化学療法を行います。

卵巣がん

手術療法が原則ですが、症例に応じて化学療法を行います。


化学療法

各種のがん治療ガイドラインに遵守して行い、入院治療だけではなく、外来化学療法センターを利用して日帰りで行うこともできます。


特徴


施設認定 

日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設

診療体制

常勤医4名(うち母体保護法指定医1名)
非常勤医4名

日常の業務は、外来診療、病棟回診、人間ドック、分娩、手術に分けられます。外来は、一般外来を午前中に3診で行い、午後に特殊外来を行っています。
病棟回診は、主治医制をとっていますが曜日ごとに病棟担当医を決めています。


診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ