心臓血管外科

診療案内

診療内容


対象疾患

心臓および大血管・末梢血管の病気を外科手術により治療を行う診療科です。

代表される疾患および治療の例

狭心症・心筋梗塞
心拍動下/心停止下冠動脈バイパス手術
心不全
左室形成術
心臓弁膜症
弁形成術・弁置換術
先天性心疾患
欠損孔閉鎖術
不整脈
MAZE手術
胸部および腹部大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離、閉塞性動脈硬化症)
人工血管置換術・ステントグラフト内挿術
動脈閉塞
バイパス術・血栓除去術
末梢静脈疾患(下肢静脈瘤)
高周波焼灼術・ストリッピング術・硬化療法

特徴


施設認定

3学会構成心臓血管外科専門医認定機構基幹施設

日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設

日本外科学会外科専門医制度修練施設

日本脈管学会研修指定施設

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設


豊富な専門医

心臓血管外科専門医3名
日本胸部外科指導医1名
日本外科専門医4名 指導医2名
日本脈管学会専門医2名
日本循環器専門医1名

最新治療における資格

資格指導医実施医
胸部大動脈瘤ステントグラフト1名4名
腹部大動脈瘤ステントグラフト2名4名
下肢静脈瘤血管内焼灼術3名5名

充実した診療体制

  • 常勤医 5名
  • 外来
     木 
    午前 初診外来初診外来初診外来 手術   初診外来
    午後手術外来手術手術
  • ※毎週火曜日午後に専門再診外来を行っています。
  • ※初診は月・火・水・金の午前中予約制です。

最新の治療に対する取り組み

自己心膜を用いた大動脈弁再建術
  • 東邦大学医療センター大橋病院心臓血管外科尾崎重之教授が開発した「異物を一際使用しない大動脈弁手術術式」を行っております。平成28年は6月までに25例の実績があります。
  • これまでの弁置換手術に比べ、より大きな弁口を作成できることで、術後の心機能にも良い影響があるものと思われます。
  • 異物を使用しないことで、ワーファリンによる抗凝固療法が不要となり、生活の質は確実に向上します。また感染性心内膜炎などの場合にも、その抵抗性が強いものと考えられます。

自己心膜を用いた大動脈弁形成術
2014年8月より従来の大動脈弁置換術に代わり、抗凝固薬が不要で弁口面積が大きく柔らかな自己心膜による大動脈弁形成術を実施しています。人工弁という異物を移植せず、自己組織だけで大動脈弁の治療が可能となりました。 自己心膜を用いた大動脈弁形成術

右小開胸僧帽弁形成術
  • 右小開胸下に内視鏡を用い手術を行います。
  • 胸骨正中切開をしないため胸郭動揺が少なく、術後、早期に社会復帰が可能となります。
  • 内視鏡で視野を確保するために創部も小さくすることができます。創感染や出血のリスクも低下させることができます。また女性では創部が乳房に隠れるために美容的にも満足度の高い手術です。

右小開胸による僧帽弁手術=MICS
右小開胸による僧帽弁手術=MICS

胸部および腹部ステントグラフト挿入術
  • 平成21年から県内ではいち早く治療を開始しております。平成27年は胸部66例・腹部53例、計119例の手術を行っております。
  • これまでは主に開胸・開腹手術で人工血管に取り替える手術を行ってきました。しかし、ご高齢であったり、他の疾患を合併されておられたりして、手術リスクが高く治療を断念されていた患者さんもいらっしゃることと思います。ステントグラフト手術は、従来の方法よりも体の負担を少なくすることの出来る手術術式です。
  • ステントと言われる金属骨格を縫い付けた人工血管(ステントグラフト)を、シースといわれる細い管の中に格納した状態で血管内に挿入します。これを大動脈瘤の部分で展開・留置します。
  • 鼠径部を切開して大腿動脈経由で治療を行います。傷は数㎝のみで、開腹手術に比べ回復が早く、早期の離床が可能です。

B型大動脈解離に対するステントグラフト治療
当院では以前から胸部や腹部の大動脈癃に積極的に低侵襲なステントグラフト治療を行っています。2015年に保険償還されたばかりのB型大動脈解離専用のステントグラフトが使用可能で広範囲な胸腹部大動脈のカテ-テル治療が可能です。 B型大動脈解離に対するステントグラフト治療

高周波焼灼術による下肢静脈瘤治療
  • 平成26年3月に認可された大伏在静脈高周波焼灼治療を、治験終了後国内でいち早く導入しております。平成27年度は131例治療を行いました。
  • 従来のストリッピング手術に比べ皮下出血や創痛が少なく、手術翌日の退院が可能です。退院後はそれまでの日常生活に戻ることが可能です。


いずれの治療も全ての患者さんが適応となるわけではありませんので、検討されている方は、来院の上ご相談ください。


救急医療への対応

 心臓や血管の病気は1分1秒を争う病気です。殊に急激に状態が変化した場合は直ちに治療が必要となることがあります。心臓血管外科では24時間365日緊急手術ができるよう体制を整えています。


診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ