放射線診断科

ご挨拶

ご挨拶

 放射線診断科は画像診断を行う部門です。病院のすべての科から依頼を受け、CT、MRI、核医学などの画像検査を行い、診断を行っていることから、病院の中央部門として位置づけられています。「診断なくして治療なし」といわれますが、画像検査により病気の状態が目に見えるようになるため、画像診断のニーズは年々増加しています。


主任診療部長 徳永 真理


部門からのメッセージ

 私たちは、放射線診断専門医です。「専ら画像診断を行う医師」というのは国内でも最も認知度の低い専門医ではないかと思います。最近はドラマなどの影響もあり、若干放射線診断医の仕事が認知されるようにはなりましたが、依然患者さんと接する機会が少ないため診療放射線技師と区別がつかない方がほとんどではないでしょうか。放射線診断医といっても診断ばかりしているわけではなく、検査の適応判断、検査のプロトコル作成、検査中の安全確保などにも心を砕いています。また、カテーテルを使った血管内治療や、CTやエコーを利用して穿刺、ドレナージ、生検などの外科的な診療も行っています。放射線被曝のないMRI検査も放射線診断医の管理下にあります。
 当病院は、画像管理加算2の算定施設であり、CT、MRI、核医学検査など高度で複雑な検査には、すべて専門医による画像診断報告書を作成しています。画像診断管理認証施設の認定も受けています。これは、「医療被ばく管理」「造影剤安全使用」「MRI安全管理」などが適切に行われている施設にあたえられるものです。画像診断の質を担保するために、当科ではR4年度から常勤を増員し、3名体制で業務に当たることにしました。国内では、放射線科医が関与しないCT、MRI検査が約半分を閉めています。正しい診断がなければ、どんな高額の検査も無駄になり、正しい治療もできません。患者さんには見えない私たちですが、日々精進しています。


診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ