診療科・部門の案内

診療科の紹介

内科(消化管)

当科(消化管)では、早期胃癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)や、大腸ポリープに対する内視鏡治療をはじめ、様々な内視鏡検査、治療を行っております。

 



内科(呼吸器)

呼吸器疾患は実に多様であり、専門的な知識や経験を必要とする分野です。

迅速で的確な診断を心がけ、標準的かつ先進的な医療ができるよう努力しています。



内科(肝臓)

内科(肝臓)では、急性肝炎、慢性肝炎から肝硬変、肝がん、肝硬変の合併症として生じる食道胃静脈瘤まで肝臓病に関連する疾患の診療、入院治療を行っています。



内科(胆のう・膵臓)

内科(胆のう・膵臓)では胆管結石、急性膵炎、胆道癌、膵癌をはじめ、膵嚢胞、原発性硬化性胆管炎、自己免疫性膵炎などの特殊疾患の診断治療も行っています。



内科(糖尿病・内分泌)

血糖やホルモンのバランスを整えるお手伝いをさせていただきます。



心療内科

常勤医が不在となるため、初診の患者さんは他の医療機関をご利用くださいますようお願い申し上げます。
ご理解とご協力をお願いいたします。


神経内科

   神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋に由来する疾患を内科的に管理いたします。
 難病や稀少疾患も多く、少しでも患者様のお役に立てるように日々研鑽を重ねる所存です。


循環器内科

循環器内科は、心臓、血管(動脈、静脈)など、血液の流れに関わるところに起きる病気を専門にあつかう科です。狭心症、心筋梗塞、心不全、高血圧などが、代表的な病気です。



小児科

当院小児科は、新生児から中学生までの子どもたちを対象に、子どもの幅広い病気に対して診療しています。学齢期の入院患者は、院内の群馬県立赤城特別支援学校に通学し、勉強の遅れを心配せず治療に専念できる体制ができています。



外科(消化管)

当科では主に胃癌や大腸癌などの悪性腫瘍に対する外科手術や術前術後の化学療法、そして急性虫垂炎、鼠径ヘルニア、大腸憩室炎などの良性疾患の外科治療を担当しています。外科学会や消化器外科学会などの指導医・専門医が診療にあたっており、侵襲の少ない、安全な外科治療を心掛けています。診断や治療に関しては、消化器内科、麻酔科、放射線科、病理部門などと連携して高度な医療を提供する診療体制が整っています。



外科(呼吸器)

主に肺の手術をします。肺癌や肺転移、縦隔腫瘍などの腫瘍病変から自然気胸まで、手術で治療する疾患は意外に多く、当科では年間約100件の手術を行っています。術前後に理学療法士がマンツーマンで呼吸リハビリテーションに取り組むことで、肺炎などの術後合併症を減らすことに重点を置いています。



外科(肝胆膵)

肝胆膵疾患は複雑な病態であることが多く、その診断および治療を行うにあたり各科との連携は欠かせません。
当院でも胆膵専門内科、肝臓専門内科、放射線科と密に連絡をとり症例ごとの適格な診断、最善の治療を目指して治療を行っています。進行した悪性腫瘍に対しては、手術のみならず抗がん剤や放射線治療を併用し集学的治療を行っています。また急性胆嚢炎なども内科と外科が連携した治療が可能です。



外科(乳腺・内分泌)

外科(乳腺・内分泌)の対象疾患は以下のとおりです。

  • 乳腺悪性疾患及び乳腺良性疾患と甲状腺疾患の診断と治療
  • 乳腺疾患の悩みに関する諸々の相談
  • 家族性乳がん卵巣癌等の遺伝性疾患の相談と診断

施設認定

  • 日本乳癌学会認定施設
  • 癌研究有明病院医療連携病院


整形外科

整形外科では運動器(四肢および脊椎)の外傷と疾患を扱っています。



脳神経外科

当科は、脳・脊髄・末梢神経などの脳神経外科領域全般の疾患を診療しています。


心臓血管外科

心臓や血管の病気は、穏やかな症状であることもあれば、時として一刻を争うような重篤な状態で発症することもあります。適切な医療が適切なタイミングで行われることこそが、最良の治療であると考えております。

我々伊勢崎市民病院心臓血管外科は、伊勢崎佐波二次医療圏だけでなく、群馬全県、埼玉県北部の患者さんの命を守るために最善かつ最高の医療を常に提供できるよう、最後の砦となるべく1年を通して昼夜を問わず診療を行っております。



皮膚科

皮膚は人体の表面を覆う器官であるため、そこに生じる病気の多くは、眼でみたり、触ったりすることができます。したがって、多くの方は自分自身で気づくか、あるいは家族などに異常を指摘されて受診します。皮膚科ではそれが病的異常かどうか判断し、病的異常に対しては必要に応じ治療を行います。



泌尿器科

 泌尿器科では、腎移植などの特殊医療を除いたほとんどすべての泌尿器科領域の疾患に対応しています。透析医療も泌尿器科で行っています。



産婦人科

産婦人科では、正常妊娠から異常妊娠までの産科領域、良性疾患から悪性疾患までの婦人科領域と多岐にわたり幅広く扱っています。

また、合併症妊娠、他科合併症疾患などは総合病院の特性を生かし、他科との連携を密にして診療を行っています。



眼科

眼科領域全般の外来診療と白内障・外眼部手術を行っています。他科との連携も可能で、全身麻酔での手術や、全身疾患をお持ちの方の診療や手術に対応しています。



耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科は伊勢崎地区の中核病院として、耳鼻咽喉科全般について地域住民の皆様が安心できる医療を提供するよう心がけています。



リハビリテーション科

 当科は脳血管疾患等(I)・運動器(I)・呼吸器(I)・心大血管疾患(I)・がん患者リハビリテーションの施設基準を取得しております。
 中枢疾患・整形疾患・心大血管・呼吸器疾患などの手術後間もない、急性期患者の離床リハビリを中心として、内科・がん疾患などの廃用症候群に対しても、早期より理学療法・作業療法・言語聴覚療法を積極的に行っています。



放射線診断科

放射線診断科では、CT、MRI、核医学検査など、主に放射線を使った画像検査の診断レポ-卜を作成しています。また、カテーテルを使った血管内治療、中心静脈内ポ-卜留置、CTガイド下の穿刺なども幅広く行っています。



放射線治療科

 放射線治療は、身体の外部から放射線を照射する外部照射と、放射線を放出する物質を体内に入れて治療する内部照射(小線源治療)があります。
 当院では、高エネルギーX線装置を外部照射と、ヨウ素125線源を用いた前立腺癌小線源永久挿入療法を行っています。治療の対象となるのは悪性腫瘍が主体ですが、一部の良性疾患に対しても治療を行うことがあります。



病理診断科

“病理診断科”とは聞き慣れない科ですが、ご存じですか? 最近までは“病理”という名前でしたが、正式に厚労省で標榜が認められた新しい科名です。仕事は内科・外科・婦人科、等の臨床各科で内視鏡や針を刺して(穿刺)採取された組織片(生検)や細胞、手術で摘出した臓器や組織を顕微鏡下で観察し、 “がん化しているか?”“どの程度進行しているか?”を最終的に診断決定する大事な役割を担っている科の一つです。 患者さんとは直接お会いすることは殆ど有りませんが、伊勢崎市民病院の様な“地域がん診療連携拠点病院”には無くてはならない専門的な科です。



麻酔科

麻酔科は手術の麻酔とペインクリニック外来および集中治療室での重症患者の管理を担当しています。



歯科口腔外科

 歯科口腔外科(こうくうげか)とは、口腔、顎(あご)、顔面ならびにその隣接組織にあらわれる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。この領域には歯が原因となるものから腫瘍までさまざまな疾患が発生します。また、交通事故やスポーツなどによる外傷、顎変形症、唾液疾患などいろいろな疾患がふくまれます。



緩和ケア内科

緩和ケアとは、がん(悪性腫瘍)などを患い、様々な苦痛を抱える患者さんとそのご家族が、できる限り良好な生活が送れるよう支援してゆく医療です。



救急科

当病院は、地域の2次救急医療病院としての役割を担い、24時間365日体制で救急医療を提供しています。


診療科・部門の案内

診療科の紹介
部門の紹介

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ