看護師 募集

先輩看護師の声

新卒新人
木村 恭子(平成29年度入職)

 私は平成29年4月に入職し中央手術室に配属となりました。手術室の中では、病棟で行われている看護技術を学ぶことが難しいため、最初の2ヶ月間は5階B病棟で研修を行いました。6月から手術室で働き始めて、病棟との業務の違いに戸惑いました。最初は教えてもらったことを覚えることに精一杯で、教えてもらったこと以外は何もできない状態でした。手術室では様々な科の手術が行われるため、覚えることが多かったからです。しかし、プリセプターを中心に先輩が優しく丁寧に指導してくださったおかげで、少しずつできることが増えてきました。
 現在は器械出しとして1人で入れる手術が増えてきて、外回りにも少しずつ入り始めました。外回りに入り始めて、医師とのコミュニケーションや記録を行いながら術野で何が行われているのか把握することの難しさを感じています。
 まだ、わからないことが多く、先輩に教えてもらうことも多いですが、プリセプターがいることで、不安なことをすぐに相談することができて安心して働いています。先輩のように頼れる看護師になるために、1つずつできることを増やしていきたいと思います。


プリセプター
中央手術室 戸丸 さゆり(平成29年度プリセプター)

 私は、既卒新人として伊勢崎市民病院に入職しました。そして希望する中央手術室に配属され、4年目となりました。結婚や出産を機に転職を繰り返してきたため、プリセプター経験がありませんでした。また、自分自身がプリセプター制度のない病院で育ったため、新人とどんな風に関わっていけばいいのかとても不安でした。手順に沿って、マニュアル通りに教えられる自信がありませんでしたが、プリセプター準備教育研修に参加し、自分自身も指導に携わるために準備をすることができました。
 そんな不安ばかりだった私が、新人とともに、なんとか一年を過ごすことができました。新人に教えるために学んだこと、新人のぶつけてくる疑問で初めて気づいたこと、頑張る新人の姿に元気をもらったこと・・・と、自分自身の成長や得たものの方が遙かに多かったように思います。この一年はとても充実していました。楽しいことばかりではありませんでしたが、振り返ると「できました!」と言うときの新人の嬉しそうな表情が思い浮かびます。
 新人としての一年は終わりますが、看護師としてはスタートを切ったばかりです。この一年の学びや経験を、2年目、3年目に繋げていけるように、これからもサポートしていきたいと思います。


既卒新人
亀田 晃子(平成29年度入職)

 私は別の病院で3年間勤務し、平成29年4月に当病院へ入職しました。
 病院選びで特に重視したことは、既卒者の教育制度が充実していることと、ワークライフバランスを推進していることでした。当病院はクリニカルラダーシステムを取り入れているため、自分に合ったレベルから仕事を進めていくことが可能です。私が配属された病棟は内科病棟で主に呼吸器、肝臓疾患の患者さんが入院されています。入職当初は経験年数が少ないため、仕事での失敗をしてしまわないか不安がありました。しかし、プリセプターを中心に病棟スタッフ全員がサポートしてくれる環境であり、不安が解消されました。未経験の検査や処置は優先的に見学させてもらい、不安なく実践に移すことができました。また、当病院は専門看護師や認定看護師が多く在籍しているため知識を深める機会が多く、自分のキャリアアップにも繋がります。そしてワークライフバランスを推進しているためプライベートも充実し、働きやすい環境であると思っています。



ページ先頭へ