初期臨床研修医 募集

初期臨床研修

 

 初期研修で重要なことは、専門性のある様々な上級医の指導のもとで、いかに多くの経験を積めるかということです。伊勢崎市民病院はこのような環境を提供できる病院であり、当院で研修する最大のメリットはこの点にあると思います。

 

伊勢崎市民病院の研修プログラムの特徴は以下の4つです。

1. 内科研修は1年次の24週(6か月)と2年次の12週(3か月)の計36週(9か月)

2. 外科研修は1年次に8週(2か月)

3. 救急外来の初療を1年次と2年次研修医のペアで2年間

4. 選択研修は2年次に32週(8か月)

 

 内科と外科の研修はすべての診療科の基礎となるものであり、初期研修の骨格ともいうべき分野です。このため、伊勢崎市民病院のプログラムではこれらの診療科の研修に充分な期間を設けています。また、2年次に再度内科研修を行うことで、入院患者の確かな診療能力を習得できます。

 

 救急医療研修では、初療を行うという責任ある立場で、指導医とともに2年間継続的に研修します。伊勢崎市民病院の救急患者は極めて多様であり、充実した研修が可能です。毎週開かれる研修医カンファレンスでは、2年次研修医が救急症例をproblem‐oriented形式で発表し、研修医が互いに知識の整理と定着に役立てています。研修終了時には、ひとりで2次救急患者の初療を行えるようになるでしょう。

 

 選択期間には伊勢崎市民病院の14の診療科のほか、群馬大学病院の診療科を選択できます(当院にない診療科の場合、8週(2か月間)まで)。伊勢崎市民病院は手術支援ロボット「ダヴィンチ」や「ハイブリッド手術室」を擁しており、外科治療分野でも先進的な医療を展開しています。このような外科系診療科を選択できるのも魅力だと思います。


伊勢崎市民病院長 小林 裕幸


募集方法

◎全国公募
応募期間令和3年6月1日(火)~令和3年7月30日(金)(必着)
試験日令和3年8月18日(水)
応募資格令和4年3月医師国家試験受験予定の方
選考方法小論文…90分実施、面接
(試験日程等詳細は、申込み後個別に通知)
出願書類①所定の申込書、②所定の履歴書、③卒業証明書又は卒業見込証明書
出願先伊勢崎市民病院 経営企画部 総務課 人事係 茂木・田島

資料請求先

〒372-0817 群馬県伊勢崎市連取本町12番地1
伊勢崎市民病院 臨床研修管理委員会
事務局 茂木・田島  TEL 0270-25-5022(内線 5241)
E-mail : office@hospital.isesaki.gunma.jp

  • ※メールアドレスは病院の代表になりますので、タイトル等で担当者を指定してお尋ねください。

研修医の処遇

身分臨床研修医(会計年度任用職員)
勤務時間8:30~17:15(週休二日制)、原則としてアルバイト(アルバイト診療等を含む)は認めない。
給与月額:1年次 400,000円、2年次 430,000円
手当:住居手当(28,000円/月まで支給)、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、
休日勤務手当、夜間勤務手当、宿日直手当(※)、期末手当、退職手当
※宿日直手当(月4回程度) 1年次 19,000円/回 2年次 25,000円/回
休暇年次有給休暇、特別休暇(夏季特別休暇、産前産後特別休暇等)
宿舎
保険健康保険、厚生年金保険、労災、雇用保険 加入
医師賠償責任保険加入 病院として加入
その他全診療科一室の医療部 有、定期健康診断 有、学会等参加は要許可

施設概要

医師数(令和3年4月現在)124名
うち指導医数77名
うち研修医数24名
病床数494床
1日平均入院患者数(令和2年度実績)356.0人
1日平均外来患者数(令和2年度実績)781.7人
平均在院日数(令和2年度実績)10.5日

プログラム概要

  • 必修科(内科、外科、救急部門、地域医療、小児科、産婦人科、精神科)
    ※必修科は更に選択科としての研修も可能
  • 選択科(内科、外科、麻酔科、整形外科、小児科、産婦人科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、放射線診断科、病理診断科、救急科、緩和ケア内科)

ローテート例


123456789101112















123456789101112







    • プログラム紹介動画


初期臨床研修プログラム(令和3年度版)
臨床研修病院年次報告書

プログラム責任者と参加施設

  • プログラム責任者
    伊勢崎市民病院 内科診療部長 大谷 健一
  • プログラムに参加する施設
    基幹型臨床研修病院伊勢崎市民病院
    協力型臨床研修病院国立大学法人 群馬大学医学部附属病院
    公益財団法人 脳血管研究所附属美原記念病院
    群馬県立精神医療センター
    臨床研修協力施設医療法人イアリ 美原診療所
    さとう内科クリニック
    医療法人あづま会 大井戸診療所
    豊受診療所

プログラムの管理運営

 基幹型臨床研修病院及び協力型臨床研修病院並びに臨床研修協力施設の研修責任者を含む研修管理委員会を年数回開催し、研修達成状況や指導等の評価について協議検討するとともに、これに基づいて次年度の研修プログラムについても必要な修正を行い、当該委員会で承認された事項については、研修責任者により、この研修に参加する全ての病院並びに施設等へ周知するとともに公表する。また、評価についてはEPOC2(オンライン臨床研修評価システム)を用いて行う。


プログラム修了後のコース

 出身大学などの医局への入局、大学院への入学、第一線の病院に勤務するなど、その他多彩な進路があり、研修医の希望により指導医や臨床研修管理委員会が相談に応じます。
 


診療科ごとのプログラムの特徴

【必修研修科】
内科(研修期間:1年次24週、2年次12週)
内科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】石原真一
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】小林裕幸、石原真一、細井康博、大谷健一、増尾貴成、鈴木邦明、関口雅則、石原眞悟、上野敬史、渋澤恭子、中林利博、櫻井篤志、長嶺俊、樋口京介、渡邉真
 内科の診療能力はすべての診療科において基礎となるものである。当科の研修は、消化器(消化管・胆膵、肝臓病)、呼吸器、内分泌・代謝、循環器、神経内科の各分野をそれぞれ1週間ごとにローテートし、上級医師と共に入院患者の診療にあたる。地域の基幹病院として豊富な症例を経験できるため、日常頻繁に遭遇する疾患に加え、まれな疾患も診療できる。
 2年次の内科研修では、診療計画を立案できる能力を獲得することを目標とする。

外科(研修期間:8週)
外科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】保田尚邦
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】保田尚邦、田中司玄文、富澤直樹、鈴木秀樹、片山和久、大澤秀信、菅野雅之、諸原浩二、家田敬輔
 医師として必要な外科的臨床能力と一般社会人としての素養や人間性を養成するため、外科での研修期間は指導医と共に入院患者を受け持ち、一般外科学の臨床研修を行う。
 患者への対応、臨床診断、基本的外科手技、術前術後管理などを実践する。

救急部門(研修期間:1年次に4週のまとまった研修。2年間にわたり毎週0.5~1日の救急部門業務
および毎週1回程度の日当直救急部門業務)
救急部門研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】鈴木一也
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】富田行成、鈴木一也、安齋健  
 1年次に4週、救急診療に必要な気管内挿管や血管ライン確保をはじめとする基本手技および呼吸・循環管理の基礎を習得する。

地域医療(研修期間:4週)
地域医療研修責任者の氏名【美原記念病院】
【美原診療所】
【さとう内科クリニック】
【大井戸診療所】
【豊受診療所】
赤路和則
美原 貫
佐藤浩二
大澤 誠
土田英希    
指導医(者)の氏名【美原記念病院】

【さとう内科クリニック】
【大井戸診療所】
赤路和則、宮地由樹、金井光康、針谷康夫
江熊広海、財 裕明、吉田長英
佐藤浩二
大澤 誠
 地域で実践されている保健活動、福祉活動は常に医療との密接な連携によって行われている。
 当病院での地域医療プログラムでは、協力型臨床研修病院(美原記念病院)で研修することにより病診連携のあり方を体験するとともに、一般外来を通じ地域の特性や介護保険についての理解を深めることに配慮した。


小児科(研修期間:4週)
小児科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】前田昇三     
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】前田昇三、高野洋子、徳永真理
 小児科学会専門医の指導の下で小児の特性を理解し、症例を経験することで、基本的な診察・処置等を自ら実践できることを目標とする。
 当小児科の特徴は、未熟児から思春期まで、急性疾患から慢性疾患と幅広く診療しており、非常に多くの症例を経験することができる。そこで、研修では指導医の下で実際に入院患者を受け持ち、患者や家族との関係構築、基本的診察や診療(乳幼児の採血、血管確保、注射等)、カルテの記載、症例呈示や検査結果の評価を実際に行う。また、小児の一次救急を担当できるように、指導医の下で一般外来や夜間の救急外来を経験し、年齢により異なる救急疾患の種類や薬の用量、検査値等を理解修得する。

産婦人科(研修期間:4週)
産婦人科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】狩野智                  
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】狩野智、小暮佳代子、阿美寛人         

 当科は妊娠、出産から新生児に至る一連の診療を統合的に研修する。また、妊娠という生理的変化、性周期と加齢に伴うホルモン環境の変化を理解すると同時にそれらの失調に起因する諸々の疾患に対する診断と治療を経験する。さらに、女性診療の特性を学び、女性疾患の初歩的な診察・治療が自ら実践できることを目標とする。


精神科(研修期間:4週間)
精神科研修責任者の氏名【県立精神医療センター】須藤友博
指導医の氏名【県立精神医療センター】須藤友博
【県立精神医療センター】赤田卓志朗、芦名孝一、須藤友博、澤 潔、盛林直道、神谷早絵子、今井航平、松岡彩
 ストレス社会といわれている現代、社会的ストレスや適応障害から精神障害、ひいては自殺にまで至る人が急増している。また、身体疾患に罹患している患者のメンタル・ケアや家族のメンタル・サポート、さらには医療スタッフとのコミュニケーションなど、心理・行動的問題への理解と対応能力は全ての医師に要求される。
 伊勢崎市民病院では、うつ病を含めたストレス関連障害とリエゾン精神医学を学び、協力型臨床研修病院(県立精神医療センター)では必修疾患である認知症、うつ病、統合失調症等の診療を研修する。

【選択科】
整形外科
整形外科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】田中宏志  
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】田中宏志、割田敏朗、小林亮一
 当科は、四肢の骨、関節、脊椎、脊髄を含めた運動器疾患の治療が主なものである。特に当病院では救急外傷のほか、小児から成人までの股関節疾患、膝疾患の症例が多く、骨折、脱臼、神経・血管・筋・腱損傷等の運動器救急疾患や外傷に対応できる基本的診療能力を習得できる。
 また、関節リウマチ、変形性関節症、脊椎変性疾患等の運動器慢性疾患の重要性と特殊性について理解し、運動器疾患の正確な診断と安全な治療を行うための基本的な手技を修得できるプログラムとなっている。

心臓血管外科
心臓血管外科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】大林民幸                      
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】大林民幸、大木聡、安原清光                          
 心臓血管外科手術に参加し入院から退院までの流れを理解し、その過程で、術前に必要となる検査、手術適応、体外循環、術後管理、退院指導などの知識を習得していく。
 受け持ち患者だけでなく循環器科、心臓血管外科に入院する多くの患者における症例ごとの治療方針を学ぶことができ、更に、心臓血管外科の特殊な分野だけでなく、末梢血管疾患から重症心疾患の外科治療まで幅広くオールラウンドに対応できるプログラムとなっている。
皮膚科
皮膚科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】田村敦志                    
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】田村敦志、長谷川道子                         
 皮膚科の診療分野は膠原病、アレルギー性皮膚疾患、水痘性疾患、皮膚悪性腫瘍、皮膚外科および形成外科、レーザー外科など多岐にわたる。研修期間では、主に湿疹・皮膚炎,皮膚感染症,蕁麻疹,薬疹など他科においても遭遇する機会の多い疾患や皮膚悪性腫瘍など皮膚科専門医に委ねるべき疾患について学ぶ。
 皮膚科は皮疹の特徴を正確に捉えることが第一歩である。正確な問診、皮疹の基本的な診方(視診,触診)、直接鏡検法(真菌,疥癬,ウイルス性巨細胞などの検出)、皮膚アレルギー検査(バッチテスト、スクラッチテストなど)、光線検査、外用剤の使用方法、消毒法、簡単な皮膚切開・縫合(皮膚生検を含む)の研修を行う。

泌尿器科
泌尿器科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】竹澤豊
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】竹澤豊、齋藤佳隆、悦永徹、牧野武朗、中山紘史
 当科は腎移植を除く尿路系、男性生殖器、副腎、その他、後腹膜疾患と幅広い分野を扱っている。癌の治療では手術を中心に前立腺癌、腎臓癌、膀胱癌など多数の症例を治療しており、腹腔鏡下手術も取り入れてQOLに貢献している。
 腎不全に対しては、慢性腎炎を含む保存期腎不全から透析にいたるまで、外来、入院、維持透析と一貫した治療を行なっている。また、尿路結石については体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を中心に内視鏡を併用した治療を行なっており、他に尿路・性器感染症も加わり疾患は多種多彩である。
 研修医は指導医のもと診療に参加することとなるが、泌尿器科全般にわたり研修できるプログラムとなっている。

耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】川田倫之
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】川田倫之 
 耳鼻咽喉科は頸部より上部で眼球と脳を除いた広範囲の領域を扱うため、そこに含まれる疾患、手技は多岐にわたり、あらゆる科の中で最も多くの種類の疾患を扱う。それにより、習得しなくてはいけない知識・手技は広範囲にわたるが、大きく分けて、頭頸部腫瘍、耳科、鼻科、咽頭喉頭科、免疫アレルギー、感染症、めまい・平衡障害をあつかう平衡神経科学に分けられる。
 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は基本的には外科部門で、一般知識・外来診療手技とともに手術手技の習得が大きな課題となる。また、人間の社会生活上、不可欠である感覚器(聴覚、嗅覚、味覚、平衡覚)・音声言語・嚥下・気道の障害の診断と検査の評価・治療法について研修が行われる。

放射線診断
放射線診断科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】徳永真理         
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】徳永真理           
 放射線診断科は中央放射線部門における諸検査に関連し、多くの科に読影レポートを提供しており、一般臨床に必要な画像診断(CT、MRI、シンチグラフィ、血管造影など)を理解するための研修が可能である。

麻酔科
麻酔科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】富田行成                
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】富田行成、安齋健       
 麻酔科の研修では、救急部門において修得する気道確保、気管挿管、血管確保をはじめとする基本手技および呼吸・循環管理の基礎をさらに高い能力で習得することに加え、麻酔科の分野をさらに広く経験することを目標とする。
救急科
麻酔科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】鈴木一也               
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】鈴木一也
 当病院は二次救急医療施設であり、年間4000台ほどの救急車受け入れと、ウォークイン受診を合計すると20,000名ほどの患者を受け入れている。
 内科系初期診療を研修医が行い、それを上級委が見守る体制をとり、研修医は2年間を通じて、内科的初期診療を経験することになり、かなりの臨床経験を積んでいる。救急科では、外科系救急疾患の初期診療、救急外来全体の調整の役割をしている。ロードアンドゴー外傷症例の受け入れは以前に比べると少ないが、胸腹部外傷骨折なども、コンスタントに受け入れており、救急科が初期診療を行い、各専門科に根本治療を受けもってもらう。
 救急科研修は、外傷初期診療、救急ホットライン対応、救急外来全体を見渡し、内科診療、小児科診療にも時には支援として、時にはファーストタッチとして対応することなど、救急全般に携わることを目的とする。
緩和ケア内科
麻酔科研修責任者の氏名【伊勢崎市民病院】廣野 正法               
指導医の氏名【伊勢崎市民病院】廣野 正法 
 日本ホスピス緩和ケア協会が作成した医師研修指導指針を元に、主に緩和ケア病棟・緩和ケア専門外来で初期臨床研修終了後の進路に配慮した研修を行っている。
 基本的な症状マネジメントを学ぶとともに、積極的がん治療から緩和ケアのみの方針へ移行する転換期、ADLが低下し始める中期、そして最終末期から看取りに至る様々な過程の患者から『悪性腫瘍をもちつつ生きて死ぬ』ことに触れ、その実際を感じて欲しい。

主な施設認定

臨床研修病院(平成3年4月1日厚生省指定)

災害拠点病院(地域災害医療センター)
救急告示病院(第二次救急体制)
群馬県エイズ診療協力病院
第二種感染症指定医療機関
地域医療支援病院
がん診療連携拠点病院など


学会指定

日本内科学会専門医制度基幹病院
日本アレルギー学会認定教育施設(内科)
日本呼吸器学会認定医制度認定施設
日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本消化器集団検診学会認定指導施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
日本小児科学会専門医制度研修施設
日本外科学会認定医制度修練施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設
日本呼吸器外科学会専門医制度関連施設
日本乳癌学会研修認定施設
日本大腸肛門病学会専門医修練施設
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本脳卒中学会専門医制度認定研修教育病院
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定基幹施設
日本皮膚科学会認定専門医研修施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設

日本透析医学会認定医制度認定施設
日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本放射線腫瘍学会協力認定施設
日本麻酔学会麻酔指導病院
日本ペインクリニック学会指定研修施設
日本歯科麻酔学会認定医研修施設
日本病理学会認定病院
日本臨床細胞学会認定施設
日本プライマリ・ケア学会認定医研修施


主な教育行事

診療科名研究会および研修会等開催
全科M&Mカンファレンス月1回
CPC示説会年4回
内科内科カンファレンス、抄読会、消化器内視鏡カンファレンス、内科・外科消化器症例検討会、呼吸器カンファレンス(内科、外科、放射線診断科)週1回
院外医師参加消化器症例検討会(水曜会)月1回
脳神経内科症例検討会週1回
循環器内科循環器カンファレンス週1回
小児科入院症例検討会、抄読会週1回
外科病棟カンファレンス、症例検討会、術前検討会、レントゲンカンファレンス、抄読会、呼吸器カンファレンス、消化器カンファレンス週1回
整形外科症例検討会、術前術後検討会週1回
心臓血管外科心臓血管外科カンファレンス週1回
泌尿器科透析症例検討会週1回
症例検討会月1回
産婦人科入院症例検討会週1回
麻酔科術前検討会週5回
抄読会週1回
全職員対象接遇研修会、公務員研修会年1回
リスクマネジメント研修会、感染防止研修会、メンタルヘメス講演会、他多数適時


ページ先頭へ