災害医療

BCPについて

「災害医療」の目次

伊勢崎市民病院の事業継続計画(BCP)

 BCP(Business Continuity Plan)とは、災害など不測の事態により被害を受けた時でも、事業を継続していく、あるいは中断しても早期復旧を図るために、事前に対応策を準備しておく計画です。
 当院では2015年にBCP策定委員会を設置し、2016年2月1日付けで策定しました。


当院BCPの基本方針

テキスト ボックス: ○寸断なく医療提供を行うこと○人命を最大限優先すること○災害拠点病院として地域の医療提供の核となること


当院BCPの主な内容

テキスト ボックス: ・対応職員の確保計画(緊急時参集要員の調査)・備蓄等物品の確保計画(資料としてリスト化および情報共有)・事業継続計画の実行計画(優先業務の抽出、行動計画としてのマニュアルを整備)・継続的な見直しのための計画(今後の課題として水害対応や職員のメンタルヘルスへの対応等)・その他検討事項










 今後も継続的な計画の見直しや定期的な訓練を実施し、災害拠点病院として、災害時の地域の医療提供体制継続に貢献してまいります。

【本体】伊勢崎市民病院の事業継続計画
【資料1】緊急時参集要員(概要) 
【資料2】医療資器材および非常食保管場所
【資料3】優先業務の抽出
【資料4】BCP行動計画(ダイジェスト版)


ページ先頭へ