病院案内

病院長挨拶

 

 令和2年4月1日より病院長に就任いたしました小林裕幸と申します。群馬大学を卒業し平成4年に伊勢崎市民病院に就職後、内科(呼吸器)診療に従事してきました。

 様々な病気に対応するため、病院には多くの診療部門が設けられるようになりました。昭和39年、伊勢崎市民病院の前身である伊勢崎病院は内科、外科をはじめとする11の診療科を有するに過ぎませんでした。伊勢崎市民病院と改称された昭和54年には16診療科となり、現在は23の診療科を有し、97人の常勤医師、そして500人近い看護師をはじめとするコメディカルスタッフを加えると1000人を超える職員が働く県内有数の病院となっています。

 伊勢崎市民病院は地域のみなさんの理解と諸先輩の努力によって築き上げられた誇るべき病院だと思います。私はこの地域の財産ともいうべき病院を正しく発展させ、次世代に引き継ぐ責任を強く感じています。

 今回の新型コロナウイルス感染症は健康を奪うばかりか、経済にも大きな負の影響を与えています。一人ひとりの健康を守ることは社会を守ることでもあるということ、すなわち当病院は社会保障の一翼を担っているのだということを再認識させられました。

 また、この感染症を通してもう一つ考えさせられたのは、医学が観察に基づいた実証的なものであるということです。原因ウイルスとその遺伝子配列は瞬く間に解明されました。しかし、ウイルスの性質を知るためには実際に感染してしまった人たちを観察し、その情報を整理する必要があります。つまり、医学の基本は一人ひとりの患者さんを注意深く診察することにあるのだと思います。高度な医療機器が利用できるようになった今日だからこそ、私たちすべての職員がまずこの基本に立ち返り、診療の質を高めていきたいと思います。


伊勢崎市民病院 病院長  
院長署名

当院について

災害医療
お知らせ
病院案内
運営情報

受付・診療時間 受付・診療時間

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

電話番号

0270-25-5022

交通アクセス 交通アクセス

〒372-0817
群馬県伊勢崎市連取本町12番地1

大きな地図で見る


ページ先頭へ