病院案内

臨床倫理の方針

伊勢崎市民病院における臨床倫理の方針

基本的人権、患者の権利(WMAリスボン宣言)、医療の倫理に基づき、患者さんの同意のもと、最良の医療を、平等に提供することを目的として、伊勢崎市民病院における臨床倫理の方針を定める。

 

  1. 原則
    1. 患者さんのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
      患者さんの自律性と尊厳を守るためにプライバシーを尊重するとともに、職務上の守秘義務を遵守することで、患者さんとの信頼関係を形成・維持し、医療に反映させます。
    2. 十分な説明と同意に基づく患者さんの自己決定権を尊重した医療を提供します。EBM(根拠のある医療)に基づき、患者さんの病歴と診断から最も適切と思われる医療を提示し、患者さんの自己決定のもと、最善の医療を提供します。(インフォームド・コンセントの徹底)
    3. 生活の質(QOL)を考慮に入れた医療を提供します。患者にとって、可能な限り生活の質を保つことができるような医療、できるだけ苦痛のない医療(緩和ケアを含む)を提示し、実行します。
    4. 患者さんを取り巻く状況を把握し、医療に反映させます。家族関係や社会的な立場、宗教や思想といった患者の状況を把握して、医療に反映させます。
    5. 倫理委員会の審議結果に従って医療を提供します。臨床倫理的な問題が生じた場合、主治医は倫理委員会に諮問し、倫理委員会で審議をした後、その結果に従って医療を提供します。

  

伊勢崎市民病院

職員一同

 

平成27年




ページ先頭へ