病院案内

病院沿革


昭和23年5月 佐波伊勢崎医療事務市町村組合を設立
 7月 佐波伊勢崎国民健康保険団体連合会を設立
  名称「伊勢崎病院」

37年11月 伊勢崎佐波医療事務市町村組合と改称

38年9月 新病院起工

39年7月 救急病院告示
 8月 新病院完成(200床)
 10月 新病院開設
  初代病院長 平山圭一郎氏就任
診療科目内科、神経科、小児科、外科、整形外科
  皮膚泌尿器科、産婦人科、眼科
  耳鼻咽喉科、理学診療科、歯科

40年9月 総合病院の名称承認

44年7月 第二代病院長 岡村輝彦氏就任

48年4月 第三代病院長 近藤忠徳氏就任
  初代名誉院長 七條小次郎氏就任

50年6月 病棟増改築工事着工
  (昭和49年度より昭和51年度まで3ヵ年継続事業)

51年11月 病棟増改築工事竣工(一般病床390床)

53年1月 脳神経外科新設
 4月 群馬県立養護学校伊勢崎病院分教室開設
 9月 放射線科新設

54年4月 病院名を伊勢崎病院から伊勢崎市民病院に改称
  伊勢崎佐波広域市町村圏振興整備組合から伊勢崎伝染病院の移管を受ける
(伝染病床45床)
  循環器科新設

56年6月 麻酔科新設
 9月 自治省財務局「公立病院経営改善事例集」
  昭和56年度分 調査対象(基幹病院3、地域中核病院10、地域病院11、
へき地病院11)のモデル病院として地域中核病院10病院の中に選ばれる

59年10月 開院20周年記念式典

61年6月 病院増改築工事着工 (昭和60年度より昭和62年度まで3ヶ年継続事業)

62年5月 自治体立優良病院表彰制度に基づく全国自治体病院開設者協議会会長及び全国自治体病院協議会会長表彰受賞

63年3月 病院増改築工事竣工
  (一般病床440床、伝染病床45床)

平成元年10月開院25周年記念式典

3年4月 臨床研修病院指定
 7月 第44回病院管理実地研究会を当病院において開催
  (全国自治体病院開設者協議会、全国自治体病院協議会共催)

4年9月 救急医療・救急業務功労団体として群馬県知事表彰受賞
  全科外来診療予約制実施

5年5月 平成5年度自治体立優良病院自治大臣表彰受賞

6年10月 開院30周年記念式典

8年4月 病院改築工事着工
  (平成6年度より平成9年度まで4ヵ年継続事業)
 5月 群馬県エイズ診療協力病院指定

9年7月 腸管出血性大腸菌感染症における透析治療協力医療機関指定

10年2月 病院第2期改築工事着工
  (平成9年度から平成11年度まで3ヵ年継続事業)
 3月 病院改築工事竣工(一般病床500床、伝染病床30床)
 5月 トータルオーダリングシステム導入(新病院稼働)
 6月 神経内科、形成外科新設

11年1月 災害拠点病院(地域災害医療センター)指定
 2月 病院第2期改築工事(南棟改修)竣工
 4月 感染症の治療及び患者に対する医療に関する法律施行
  (一般病床500床、感染症病床4床)
 5月 老人保健施設開設(一般26床、痴呆加算24床)
 8月 病院第2期改築工事(レストラン新築)竣工

12年3月 第2期病院改築工事竣工
 4月 介護保険法施行
  介護老人保健施設と名称変更
  訪問看護ステーションと名称変更
  一般病棟入院基本料Ⅰ群1、夜間勤務等看護加算(1)a・b に移行
 5月 病院開設許可事項一部変更許可(524床)

13年4月 第二代名誉院長 近藤忠徳氏就任
  第四代病院長 荒井泰道氏就任

14年4月 地域医療連携室開設
 7月 感染管理室開設

15年1月 病院機能評価認定(一般病院種別B)
 2月 緩和ケア診療加算届出受理 緩和ケアチーム設置
 10月 管理型臨床研修病院(平成15年10月30日厚生労働省指定)

16年1月 女性総合外来開設
 3月 病院増築工事竣工(1、2、3階の一部)
 4月 医療安全管理室開設
 12月 伊勢崎佐波医療事務市町村組合解散(12月31日)

17年1月 伊勢崎市を開設者とした伊勢崎市民病院となる(1月1日)
 3月 助産師外来開設
 4月 前立腺がん密封小線源療法開始
 5月 入院において電子カルテ運用開始

18年6月 DPC開始
 7月 ICU届出受理(4床)
 8月 がん診療連携拠点病院指定

19年4月 8階B病棟を「循環器センター」化
  レセプトオンライン化
 7月 院内保育所土曜保育開始
 11月 一般入院基本料7対1届出受理

20年1月 病院機能評価認定更新
 4月 院内保育所24時間保育開始
 8月 伊勢崎市民病院経営検討委員会設置
 11月 伊勢崎市民病院経営検討審議会設置

21年3月 がん診療総合センター(緩和ケア病棟竣工)
  伊勢崎市民病院の経営改革、今後のあり方に関する答申書
  伊勢崎市民病院改革プラン及び伊勢崎市民病院経営健全化計画策定
 4月 緩和ケア病棟開設
 9月 がん診療総合センター(内視鏡・外来化学療法センター竣工)
  内視鏡センター・外来化学療法センター開設

23年6月 地域医療支援病院の名称使用承認

24年4月 第五代病院長 小林幹男氏就任
  第三代名誉院長 荒井泰道氏就任
  放射線診断科、放射線治療科、緩和ケア内科、救急科新設
 5月 内視鏡内科新設
 8月 入退院支援センター開設

25年3月 放射線治療装置(ライナック)更新
  第三代名誉院長 荒井泰道氏退任
 9月 通院二日ドック開始
  医師事務作業補助体制加算20対1届出受理
 11月 マルチスライスCT更新
 12月 伊勢崎市民病院の経営改革、今後のあり方に関する答申書(最終答申)

26年3月 腎センターを南棟から本館4階に移設
 4月 電子カルテ運用開始(外来)
  一般病床を500床に減床
   9月手術支援ロボット稼働
27年  4月一日ドックSコース開始
28年  1月病院機能評価認定(一般病院2、緩和ケア病棟)
   4月一般病床を490床に減床
   7月医師事務作業補助体制加算1届出受理
   8月小児専用病棟開設(小児入院医療管理料3届出受理)
  病棟薬剤業務実施加算1届出受理
   9月3D-マンモグラフィ装置更新
29年  1月SPECT-CT装置更新
   2月看護職員夜間配置加算16対1届出受理
   3月伊勢崎市民病院新公立病院改革プラン及び伊勢崎市民病院新公立病院改革プランに関する事業推進計画(アクションプラン)策定


ページ先頭へ